×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウエディングドレス オーダーかレンタルか

普通はたった一度しか着ないウェディングドレスですが、レンタルかオーダーメイドか迷うところだと思います。
レンタルとオーダーメイドとではウェディングドレスにいくらお金をかけるかから始まるとは思います。
オーダーメイドのウェディングドレスの場合、保管や処分に頭を悩ます事実はありますが。
他人が着たものを着る抵抗があるという人もおられるでしょうし、気に入ったドレスでもサイズが合わない場合などでレンタルはという人もおられるでしょう。
オーダーメイドは金額も大変ですが、一度しか着ない(たぶん)という点が一番ネックになるところですが、記念にはなりますし、お子さんがお嬢さんであればママのドレスを娘さんが着るなんてロマンティックではないですか。
レンタルの場合、色々なお店を回って色々なドレスを見て、着て、楽しむのもありですね。ドレスのサイズ直しなどもしてくれるシステムになっているところが多いようです。
一度しかきないウェディングドレス、保管場所など、レンタルの欠点、利点なども考慮して、オーダーメイドかレンタルか検討しましょう。

ウエディングドレス レンタル

オーダーだと数十万から数百万もするウエディングドレス、式よりもハネムーンにお金をかけたいと、ウエディングドレスをレンタルする女性が増えています。
レンタルのウエディングドレスには、種類がたくさんあるんですね。
ブランド物や海外のデザイナーのウエディングドレスもあり、サイズも豊富でかなりの数のドレスの中から選べるお店もあり、無料でドレスに合わせた小物、アクセサリーなども貸し出してくれます。
また、お色直し用のカラードレスなど、披露宴用のゴージャスなタイプのものから、二次会用のシンプルなもの、マタニティー用まで、多種多様にあります。
プロの方にヘアメイクやコーディネイトもアドバイスしてもらえます。
誰も着ていない新品のドレスを着ることができるファーストレンタルシステムというレンタルもあるようです。
ウエディングドレスのレンタルの会社やお店は数多くありますので、じっくり探すと素敵なドレスを見つけることができるでしょう。
すぐに決めることができないときは取り置きのシステムなどを利用して、お気に入りのドレスを見つけましょう。

ウエディングドレス レンタルと試着

ウェディングドレスはカタログなどで見た感じと、実際着た感じは違うということです。
カタログやネットではプロのモデルが着て、プロのカメラマンが撮っているということなんです。
レンタルできるドレスの種類や色柄も含めて相当数あり、あれこれ試していくうちにどれがいいのかわからなくなってしまうことも少なくないでしょう。
自分のイメージをはっきりさせていれば、ウエディングドレス選びはスムースに行くことでしょう。
ウェディングドレスを式場以外でレンタルする場合、式場のイメージを伝えることも大事ですね。会場の広さや雰囲気によって選ぶドレスが変わってくると思います。
ウエディングドレスを選ぶ場合、自分ひとりでは行かず、母親や姉妹、友人など、客観的な意見を言ってくれる女性と行った方がいいでしょう。
試着では、インナーによってイメージが変わりますので、ビスチェやストラップの下着をつけるのがいいと思います。
ウェディングドレスの試着では、下着が見えたり、窮屈なのを避けなければいけませんので、座ったり、歩いたり、お辞儀や腕をあげたり、とさまざまな動きをして確かめましょう。

Copyright © 2008 ウエディングドレスはレンタルがお得

[アクセス解析]